任意売却Q&A

 

 Q1 不動産業者を選ぶ際のポイントは?

 A  一番大切なのは、会社の規模ではなく、任意売却の知識と実績があるか否か?と言う事です。
    任意売却は通常の売却とは違い、金融機関との交渉能力や実績と競売に関する知識が必要ですから、

    任意売却専門の会社と一般の不動産業者では結果が大きくかわります。

    最近、開札直前に慌てて弊社に依頼される方の多くは、知人の不動産業者に依頼したものの

    「交渉がまったく進展しなかった」と聞かれます。

    その後このお客さまは弊社の関連会社の買い取りにより、通常の任意売却より少ない引越し費用でしたが、

    無事に任意売却が成功しました。


 Q2 弁護士に依頼する方がいいのでは?

 A    お客様の考え方によりますので、一概には言えないのですが実質的な引越費用の手取り額を多く残したいと

    お考えならば任意売却専門の会社に依頼すべきです。弁護士に依頼された方の多くは、

       弁護士から長く居住していられる事を理由に競売を続行する事を勧められるケースが多い様です。

       これは任意売却の実際を把握していないと事と弁護士の報酬に対する手間を勘案した自己都合を優先した考えです。

       本来、所有者の実質的な利益を考えた選択肢を提案すべきではないかと思います。

       また弁護士経由で不動産業者に任意売却を依頼した場合、弁護士報酬(30~50万円)が引越費用から差引かれ、

       引越費用手取り分がなくなります。これまでに弁護士が必要な任意売却の事例はまったくありませんでした。


 Q3 任意売却って違法なの?

 A   任意売却はまったく合法で、金融機関は所有者への引越費用や不動産業者への仲介手数料等の諸費用を

       支払っても競売で進めるよりも回収額が多い為、任意売却に前向きです。

       また、裁判所の書類や執行官の言動で任意売却専門会社を抗告屋や事件屋等の類と勘違いされている方が

       多いようですが、任意売却専門会社は社会的にも認められている会社です。


 Q4 必ず成功するのか?

 A   不動産の権利関係、物件の状況、債務の状況を把握しても100%成功するとは言いません。
       しかし今までの実績では8割は成功しておりますが、交渉時は時間がないだけ不利になりますので、

      やはり早い段階で今後の方針を決断し、知識と経験豊富な任意売却専門会社へ依頼することがより多くの

       引越費用を手にするための重要ポイントです。


 Q5 不動産業者の仲介手数料はどうなるの?

 A 所有者が支払うべく仲介手数料は売買代金に含まれておりますので別途頂くことはありません。
    また弊社では、万一任意売却が成立しない場合でもいかなる名目に関らず金員の請求をすることは

      決してありませんのでご安心ください。